株式会社 アオキ建築

株式会社アオキ建築は地域に特化した木造建築を専門とする地域密着の建築会社です。

TEL.052-382-4548

〒455-0066 名古屋市港区寛政町5丁目9番地

リフォーム

耐震改修工事

こんにちは(*^▽^*)

まだまだ暑い日が続きますね。

 

今回は先日竣工した耐震改修工事のご紹介です。

おかげさまで、最近は耐震改修工事のご相談もたくさんいただくようになりました。

耐震改修工事につきましては、名古屋市の補助金がご利用いただける場合がございますので、まずは名古屋市の無料耐震診断をご活用くださいね(#^^#)

★名古屋市木造住宅無料耐震診断についての詳細はこちらからご覧ください。

★名古屋市木造住宅耐震改修助成についての詳細はこちらからご覧ください。

 

今回ご紹介する耐震改修工事も、名古屋市の耐震改修助成を利用して行いました。

 

■■■Before■■■

 

外壁をはがし、各構造部に適した金物や耐震ボードを取り付けて補強。

 

今回は、床下の根がらみと呼ばれる個所も補強を行いました。

 

また、湿気が気になるとのことでしたので、床下に吸湿材として炭を入れています(*^▽^*)

 

屋根も昔ながらの瓦屋根から板金屋根へ葺き替えました。

■■■Before■■■

 

■■■After■■■

 

また、元々板金屋根で劣化が進んでいた場所は塗り替えリフォームを行いました。

■■■Before■■■

 

■■■After■■■

とってもきれいになりました。

ベランダも撤去してスッキリしましたね(^^)

 

室内は和室を洋室に変えるなどのリフォーム工事を行いました。

耐震改修工事は、壁を剥がしたり、床を剥がしたり、といった工事が入ることが多いため、リフォームも一緒にされる方がほとんどです。

■■■Before■■■

 

■■■After■■■

写真では、床はまだ養生ボードがありますが、床は畳からフローリングに変わりました。

 

 

強い西日に何十年もさらされて、痛みが激しかった外壁もすべて張り替え、新築のように生まれ変わりました(#^.^#)

■■■After■■■

古民家改修工事

大正15年築、2階建て古民家。

歴史を感じるこの建物を、アオキ建築で改修しました。

敷地内には、今回改修する古民家の他、平家や水屋なども建っていましたが、建物の傷みや生活様式の変化もあり、現存するのはこの古民家のみとなりました。

この貴重な建物を将来に残していくために、耐震補強を主としながら再生。

その様子をスライド動画にまとめました。

★スライド動画はこちらをクリック

将来も大切に保存、活用され、未来の新たな息吹となりますように。

浴室改修工事

こんにちは(^^)
梅雨に入ってジメジメと蒸し暑い日が続きますね。

今日はひさしぶりの更新で、浴室改修工事のご紹介です。

一般にお風呂の寿命は15~20年と言われていますが、今回のお風呂も時代を感じます。

黄色いタイルがとってもPOPで、長年きれいに大切に使われていたのが分かります。

今回はお風呂からの水漏れがきっかけとなり浴室リフォームを行うことになりました。

シンプルなユニットバスにリフォーム完了!

イメージがガラッとかわり、お掃除・お手入れもしやすくなりました(*^▽^*)

旧魚半別邸洋館改修工事

こんにちは(^▽^)

三寒四温とはよく言ったもので、寒くなったり暖かくなったり、少しづつ春が近づいてきましたね✿

さて、今回ご紹介するのは、熱田区大瀬子町にある『旧魚半別邸 洋館』の改修工事です。

↓↓↓ 全景はこちら ↓↓↓

向かって左側が洋館、右側が和館です(^^)

見るからに歴史がありそうなこの建物。

この建物が建っている大瀬子町は、東海道唯一の海路であった宮の渡しの船着き場があった場所で、熱田の歴史を語る上で欠くことのできない地域です。

その中でも旧魚半別邸は、東海地域では最古の鉄筋コンクリート構造の建物である可能性があり、第二次世界大戦での熱田大空襲では焼夷弾の驚異から免れ、伊勢湾台風の洪水からも難を逃れた、大変強運な建造物なのです。

 

洋館・和館併置型の住宅で、明治29年に創業された料亭魚半の経営者の本邸として建てられ、名古屋市の「登録地域建造物資産」第29号・第30号にも認定されています。

現在も、NPO法人堀川まちネット様が主となり、旧魚半別邸を宮の駅観光案内所や交流サロンとして活用しています。

 

今回改修させて頂く洋館は、大正時代に建てられた、名古屋で初期の鉄筋コンクリート住宅です。

白いタイル貼りの洋館の1階の窓に鉄製のシャッターがあり、2階の窓には、観音開きの鎧戸があります。

手すりやバルコニーは、大正時代に存在したとは思えないようなお洒落なデザインになっています♪

 

ただ、やはり経年劣化で、建物の外装のタイルが剥離しかけていたり、窓の鉄製の手すりが腐食して脱落しかけている等、近年では熱田の魅力を伝える発信拠点とするには安心して使用できない状態にありました。


 

『明治・大正・昭和と生きた建物を次世代へつないでいきたい。』

今回、NPO法人堀川まちネット様がクラウドファンディングで改修費用を募り、見事目標達成!

改修工事に至りました。

 


 

脱落しかけていた窓の手すりや、細かい亀裂や剥離などもモルタルやコーキングで補修・補強し、2階の窓から垂れていたサビも外壁洗浄で綺麗になりましたよ(^▽^)

 

堀川まちネット様は、旧魚半別邸という歴史的建造物を利用して様々な体験型学習を提供する人、体験したい人を結ぶプラットホームを創ることを目指して現在活動されています。

洋館の改修で、安全に活用していただく環境も整いました!

もっともっとこの活動が広がっていくことを期待しています(^▽^)
 ★NPO堀川まちネット様の活動はこちらから

耐震&リフォーム工事

こんにちは(^▽^)

今回は、耐震補強とリフォーム工事を行った物件のご紹介です♪

昭和51年に建てられた今回のお家。

名古屋市の耐震診断を受けられての工事でした(^^)
☆名古屋市耐震相談の詳細はこちらから

改修前がこちら ↓↓↓
DSCF2586

 

軸組補強のため解体をすすめていたそのとき!

IMG_0771

なんとシロアリの被害にあっている箇所が露出!!!Σ(゚д゚lll)

良い木材って美味しいんですよね(´・ω・`)

こちらも急遽修復して、防蟻処理をおこないました。

IMG_3031

 

 

そして今回の耐震補強工事では屋根の伏せ替えもおこないました。

 

昔ながらの重たい瓦を撤去して・・・

DSCF1301

 

 

防災機能のついた平板瓦へ取り替えました(^^)

大屋根1

 

 

工事完了後は全体的にもだいぶ印象が変わり、モダンな外観になりました。
CIMG9152

外壁塗装工事

こんにちは(^^)

梅雨にはいったはずなのに、ここ最近は気持ちの良い晴天が続いていますね♪

さて、今回の記事は外壁塗装工事です。

Before ↓↓↓
P6040073

ぴったりとくっついていた隣家がなくなり、跡が残ってしまっています。

 

 

CIMG8569

全体に足場をかけて、既存の外壁も含め、全てキレイに塗り直します。

 

After ↓↓↓
gaiheki

色もガラッとかえて、すごく明るい雰囲気になりました(´▽`)

一般的に、外壁の塗り替え時期として適しているのは、家を建ててから10年、その後10年単位での塗替えが推奨されています。

定期的な塗替えによって、①外壁の補強・劣化を防ぐ ②雨漏りなど水の侵入を防ぐ ③家を長持ちさせる というメリットもあります。

定期的に外壁を塗り替えることで家の美観を維持できますし、家の耐用年数が延びることで、住宅の資産価値も高まりますよ(。◕‿◕。) 

耐震補強工事

こんにちは♪

またまたひさしぶりの施工記事更新になってしまいました。。。(´`;)反省

 

今回は耐震補強工事です。

アオキ建築には耐震診断員が2名在籍しており、名古屋市から委託を受けて耐震診断を行っています。

耐震診断は会社名を伏せ、名古屋市の耐震診断員として行うのですが、ありがたいことに耐震補強工事のお仕事の話をいただくことも多く、現在もいくつか耐震補強工事のお仕事を頂いています。

今回は、最近行った耐震補強工事をご紹介したいと思います。

 

耐震補強工事は、内部の補強がほとんどなので、わかりにくいかと思いますが、下の写真のように壁や軸組を補強していきます。

大野様邸耐震補強写真一覧-1

大野様邸耐震補強写真一覧-3

大野様邸耐震補強写真一覧-9

大野様邸耐震補強写真一覧-18

大野様邸耐震補強写真一覧-22

大野様邸耐震補強写真一覧-30

 

使用している耐震金物は実に様々ですが、金物や、構造用合板の種類、それを止める釘、釘を打つ間隔までしっかりと決められているんですよ。

 

今回ご紹介させていただく物件では、屋根の改修も行いました。

DSCF4858

syaisnn 001

syaisnn 012

昔ながらの重たい既設瓦を撤去して、洋瓦へ。

重たい屋根は、地震の揺れを増幅させ、建物を倒壊させてしまう恐れがあるため、洋瓦に変えて屋根を軽量化することで耐震力を高めることができます。

 

外観のイメージもだいぶ変わりました。

こちらがBefore ↓↓↓
DSCF3165 - コピー
 
こちらがAfter ↓↓↓
CIMG8558

耐震補強でわからないことやご不安なこと、アオキ建築にお気軽にご相談ください(。◕‿◕。) 

事務所のキッチン改修

こんにちは(^^)

今日の名古屋は1日中雨で、冬が戻ってきたかのような寒い一日でした。

そんな中、事務所のキッチンが新しくなりましたのでご紹介です♪

 

今までのキッチンはこちら▼

・現状

もともと社長が昔使っていたものを使いまわしていたので、かなりの年季が入っていました。

今回、何度目かの排水管からの水漏れをきっかけに、キッチンを新しくすることを決意!

 

まずは今までのキッチンを撤去します。

・DSC00240

お客様の合間を見ながら、大工さんに時間を作ってもらい、解体してもらいました(^^)

 

・DSC00243

水道屋さん、電気屋さん、ガス屋さんにも来てもらって、配管、配線も新しいキッチンに合わせて改修。

色々なものがあらわになっています(●´ω`●)ゞ

 

 

そして新しくなったキッチンがこちら!!▼

・DSC00247

LIXILさんのアレスタというシステムキッチンです♪

今までなかったガスもつきました( ´艸`)

キッチンパネルも新しくしたからか、かなり明るくすっきりしたキッチンになったと思いませんか?

アオキ建築は主婦スタッフが多いので、キレイになったキッチンを見て、皆テンション右上がりです♪♪♪

収納もたっぷりなので、整理整頓しながら大切に使っていきたいと思います♪

化粧筋交

こんにちは(^^)

みなさん「筋交」って知っていますか?
筋交とは、耐震補強の際に、柱と柱の間に斜めに入れて建物の耐震性を上げる部材です。
筋交は、設計の段階で構造計算をして、どの位置に入れるか、どの向きにするか、どのぐらいの大きさの材料にするかといった、建物全体のバランスを計算して配置します。

今回のタイトルになっている「化粧筋交」とは、構造のバランスを考えると耐力壁がそこに欲しい…
でも、そこを壁にしてしまうと暗くなってしまったり、開放感が無くなってしまうという場合に止むを得ずご提案するものです。

推奨するわけではないですが、今アオキ建築で行っている耐震補強工事で、この「化粧筋交」を取付けたのでご紹介したいと思います。

 

今回初めて化粧筋交の制作を任された、大工のH君
★CIMG4881

きっちりと納まるよう、丁寧に作業を進めます。

完成した形がこちら↓
★CIMG4882
そして納めた写真がこちら↓
★225

★261裏

一緒に写っている数字は、うちの管理用なので気にしないでください(*´ω`)

きっちりきれいに納まりました♪

 

ただ、こちらの物件は現在進行中で、全ての完成写真がまだなのでイメージがわきにくいかもしれませんね。

アオキ建築の事務所にも化粧筋交がいくつかあるので、そちらの写真もご紹介します♪

★DSC00140

DSC00142

ここが壁だったら、とても圧迫感があったと思うのですが、化粧筋交になっていることで、明るく開放的な事務所になりました(^^)

化粧筋交はデザイン性も高いですが、ほどんどの場合は止むを得ずご提案するものなのであしからず。

 

ご覧いただきありがとうございました♪

 

外装工事でイメージチェンジ

こんにちは(^▽^)

今日は外装工事のご紹介です♪

今回は外壁塗装をメインに、屋根の葺替や玄関の取替なども行いました。

外壁塗装の目安は約10年と言われており、定期的な塗装は建物の資産価値を高めるためにも大切なんですよ(*^^*)

 

 

>>>Before

IMG_4981

IMG_7344

 

 

>>>After

完成写真
IMG_7372

配色のカラーイメージを一新したことで、ガラッと雰囲気が変わりました(^^)